プロフィール

ガッツ (kapitan_captain)

Author:ガッツ (kapitan_captain)
社会不安障害ガッツのブログ
主な細かい症状:対人恐怖症 他者視線恐怖症 自己視線恐怖症 正視恐怖症 脇目恐怖症 あがり症 
上にあげた症状もよくなってきています。
これらの神経症の苦しみを最初は綴っていました。
終わらないつらさと足掻いている様は、今読み返してみてもきついものがあります。
現在、希望を持って某心理プログラムを受けていて、その感想や体験記、学んだこともこれから書いていきたいです。
当所に比べ、かなり気持が楽になってる!
希望もだんだん湧いてきています。

もしも僕が岩波先生の無意識から治す技術と出会っていなかったら断末魔の生活をしていました。拾われた命、めげずに毎日生き抜いてやる!

最新記事

ガッツ向けメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

社会不安障害克服! 克服ブログ
社会不安障害克服のためのBlog。社会不安障害の苦労や克服方法。超越的な技術を持つ先生のもとで克服に向けて頑張ったあげく、なんと克服できました。希望と絶望・不安と期待、すべてが入っている心情吐露の場でしたが、克服に至った以上、僕の経験を伝えていきたと思っています。スゴ腕の超カリスマ岩波先生のプログラム紹介や取り組み、体験も書いていきます。人生は諦めてはダメです! 僕がいい例です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神経症を克服する人はどんな思考回路になっているのか?
僕はまだまだ半人前以下の半人前です
でも、克服した人たちの手記を読むと、やっぱりな、こういう考え方になったから、悩みを乗り越えることができたんだな、と思うことがあります。

それは割り切れる能力だと思います
つまり、くよくよ悩まないし、何かが身の上に降りかかったとしても、起きたことはしょうがあるまい、という考え方ができるということです。
これって、すごくタフです。
でも、それが一番悩みを乗り越えるのに重要な能力だと思います。

悩むと割り切るはまさに極端に正反対の位置にあります。
とことんマイナスに悩む人と、「まあ、いっか」「そんなもん、どうでもいいや」「起きたことはしょうがあるめえ」と割り切ることができる人、これはもう日常からして、HAPPY度が違いますよね。
僕はすぐ何かあるとどん底の精神状態に陥ってました。
僕の症状がきついから僕自身苦しいし、人に迷惑を与えているという観念に支配されてました。
もう笑ってしまぐらいひどい繊細さをもってました。

ズタズタボッロボロで、身動き一つ取れませんでした。
それもすべて『割り切る能力』が根本的に欠けてたからです。
もし悩みと戦っている人がいたら、自分の割り切り度をはかってください。
おそらく悩みに関してだけは、ゼロに近いと思います。
つまり、割り切る能力を身につけることができたら、それだけ楽になるってことです。

だって、起きたことはもう取り消すことができないし、くよくよしてもはじまらない。
逆に終わっちゃいます。
くよくよが次の大怪我を招いてしまうのです。
それでまた割り切れなくなり、ますます悩んじゃない。
これを一生、人は繰り返しちゃいます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。