プロフィール

ガッツ (kapitan_captain)

Author:ガッツ (kapitan_captain)
社会不安障害ガッツのブログ
主な細かい症状:対人恐怖症 他者視線恐怖症 自己視線恐怖症 正視恐怖症 脇目恐怖症 あがり症 
上にあげた症状もよくなってきています。
これらの神経症の苦しみを最初は綴っていました。
終わらないつらさと足掻いている様は、今読み返してみてもきついものがあります。
現在、希望を持って某心理プログラムを受けていて、その感想や体験記、学んだこともこれから書いていきたいです。
当所に比べ、かなり気持が楽になってる!
希望もだんだん湧いてきています。

もしも僕が岩波先生の無意識から治す技術と出会っていなかったら断末魔の生活をしていました。拾われた命、めげずに毎日生き抜いてやる!

最新記事

ガッツ向けメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

社会不安障害克服! 克服ブログ
社会不安障害克服のためのBlog。社会不安障害の苦労や克服方法。超越的な技術を持つ先生のもとで克服に向けて頑張ったあげく、なんと克服できました。希望と絶望・不安と期待、すべてが入っている心情吐露の場でしたが、克服に至った以上、僕の経験を伝えていきたと思っています。スゴ腕の超カリスマ岩波先生のプログラム紹介や取り組み、体験も書いていきます。人生は諦めてはダメです! 僕がいい例です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

条件付けの衝撃とすさまじさ!
大阪での神経症克服プログラムはさらに衝撃的だった。
すごい感動的体験が待っていた。

交互にトランス呼吸法をやり続けて、時々先生が休憩というと、お茶を飲んで、さらに続けて、休憩で先生が為になる話をして(おれが忘れないためにもブログに書いていきたい)、呼吸をしてとすっかり、俺は心地よい世界を体感して、緊張感もなくなり、ものすごく脱力感を味わっていた。

ねっころびたいけれど(心地よく横になっている人もいたけど)、初めての集団だからそれはしなかった。
でも、横にごろんとなっていたかったなー

そのあと、希望者だけ、先生がトランスの条件付けをするから、と言うと、みんな手を挙げていた。
その間も呼吸を続けていたけれど、「すごいー!」「なんだこれは!」という感動感激の賞賛の嵐!
なんなんだと思って不思議一辺倒だった!
先生、ありがとう!と言う声も多い。

で、俺の番になった。
先生の条件付け誘導だ。
とにかく最初からやっていた呼吸法を一生懸命やっていた。
そして先生の「息を吸って、吐いてー、止めて、もっと吸って、肩の力を抜いて、そう・・・・」という声に素直に従っていたら、いつの間にか強烈なトランス状態(これがそういうものなんだろう!)を味わっていた。

これは自分で作り込む「強烈さ」とははるかにレベルが違う感動感激が極まっている状態だった。
とにかく凄いとしか言いようがない。
表現のしようがないんじゃなくて、まさにすごい感覚なのだ。
ありえない! そう思っていたら、「いい感じだったな」と言われた。
「家での呼吸が生きてるよ」と。
努力が報われたが、いまだにとんでもない感覚意識に浸っていたし、浸っていたかった。
「先生、ありがとう!」「なんだこれは!」という声もわかる気がした。

そしてすぐ暗示を先生がかけてくれた。
こののちもっと高度な暗示をかけていくそうだが、最初は腕が開くとか、指が動くといったものだった。
実際に先生の言ったとおりにコントロールされてしまう。
前の人もみんな暗示にかかっていた。
そんなことはあり得るのか?と不思議だったが、俺がなってみてあり得るんだと気づく。

そして「後ろに人がいるから安心だぞ、体の力が急にぬけるぞ」と暗示をかけられたら、ほんとうにすとんと全身の力がぬけた。
もう動きたくない・・・・・ずっとこのままいたい、と思った。

これが条件付けなんだな!

その日や次の日、一週間、新しく教えてもらった呼吸法をやると、すぐに変性意識に近い状態になった。
感覚がずれる体感になった。
脳が条件付けされるから、家でも自分で引っ張り出せると言うことらしい。

まだまだ大阪でも集団の体験記は書き足りないけれど、冗長になりそうなので、今日はここまで。
神業だと思う。あまりに現実とかけ離れすぎている。
これを利用して、神経症やあがり症を克服していくわけかー
暗示が早く浸透するといいな。
己を高めるために使える技術だし、岩波先生が各方面から絶賛されるのも頷ける!
関連記事
スポンサーサイト
大阪での岩波先生の神経症克服プログラム受講
大阪に新幹線で行ってきました。往復二万数千円はきついけれど、もっときついのはこの先同じ状況のまま人生が続くことだ。
だから高くなんかないやい!

相変わらず、もらった深呼吸CDはすぐ寝てしまうが、寝るようにつくってあるとのこと。
不眠症の人には最適かもしれないね。
でも、気になることが、寝てしまう人はストレスがたまっている人だと言われたこと。

やっぱりおれってストレスを溜めて生きているんだな。
当たり前かー
ない方がおかしいくらいだ!

今度はけっこう人がいました。
緊張しつつ言ったけれど、緊張するのはおれの専売特許!
緊張しないおれは考えられないから、勇気を出して参加した。
集団の前に緊張しすぎて通えない人もいるんだろうなー
とはいっても、みんな緊張しているんだから大丈夫だよと言う先生の言葉もあり、励まされた。

大阪事務所は新宿に比べて、マンションタイプの建物だが、中は広い。
自然光が取り入れられているので、明るい雰囲気。
ソファーが二つあった。
新宿はやたらイスがあったけれど、ソファーはない。

最初のイメージはソファーがあって寝っ転がって暗示を入れたりするのかなと思っていたけど、新宿は硬いイスが多かった。
大阪は町並みも落ち着いているところで、来る途中大阪城が見えた!
まともに大阪城を見たのは初めてで、お城好きとして血が騒いだ!
でも、SADだから、城めぐりなんかなかなかできないし、気力も湧かないけれど。

例の如く、近くの建物から事務所に電話した。
すぐ先生が迎えに来た。
今度は正午からだったから、5分前についたが、そこそこ人は来ていた。
緊張しつつ、中に入る。

メンバーが集まると、先生の話から始まった。
コミュニケーションのことや呼吸法の重要性からだ。
初回は一対一だったけれど、はるかに集団でやった方が効率がいいらしい。
右も左もわからない自分にとって、人が暗示にかかっている様を見て、驚いた。
人って、あんな風に簡単に(岩波先生だからこそだろうが)かかってしまうんだ!
刺激的なことばかりだった。

ほどなく二人一組でコンビを組んで、初回にやったような呼吸法を交互にやることになった。
もう一人は体を支える役。
最初はなかなか初回のようにうまく呼吸ができなかったし、意識が飛んだりしたこともなかった。
ただすごく脱力した。
ふらふらになりながらも続けていたら、先生がやってきた、背中を反らさせ息を止めろと言われた。
息を止めたまま力を入れていると、ものすごい脱力感と共に何が起こったかわからない感覚になって、人に支えられた。

あの時と同じ感覚!
またできた!
うれしい!

これを何度も繰り返した。
そして五回目ぐらいにいつの間にか、ジョジョに出てくるキング・クリムゾンのスタンド攻撃を受けたように時間的感覚がずれていた。
「!!!!!!!!!!!???????????!!!???!!!!??!!」
こんな感じで気がついた。

いやーすごい!

これ以上詳細に書くと長すぎて収容がつかなくなるから、今日はここまで!
あまりにたくさんの刺激的なことがありすぎて、書けない。
奥が深いし、何より文章化が難しい世界なんだなー
関連記事
呼吸法頑張る
暗示を無意識に入れるために、そして考え方から心の抑圧から何から変えていくために、呼吸法に励んでいる。
それがベースとなって、心の底に岩波さんが訴えかけていく。
まだまだわからないことだらけだけど、よくなっている人が多い方法だから、そのためには呼吸を頑張ろう

いまは初回にもらった深呼吸CDを聞いている
すぐ寝てしまうが。
でも、心地よさを味わえる時があるな。
毎日とは行かないけれど。
難しいが奥が深い。
関連記事
次回予約
次回予約は二ヶ月後になりそうだったから、大阪に通うことになった。
さすがに混んでいる。

大阪はまともにいったことがない。
大阪城が近いらしいから、そこに観光に行こう。
夜行バスか新幹線か、何で行こうか??
関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。