プロフィール

ガッツ (kapitan_captain)

Author:ガッツ (kapitan_captain)
社会不安障害ガッツのブログ
主な細かい症状:対人恐怖症 他者視線恐怖症 自己視線恐怖症 正視恐怖症 脇目恐怖症 あがり症 
上にあげた症状もよくなってきています。
これらの神経症の苦しみを最初は綴っていました。
終わらないつらさと足掻いている様は、今読み返してみてもきついものがあります。
現在、希望を持って某心理プログラムを受けていて、その感想や体験記、学んだこともこれから書いていきたいです。
当所に比べ、かなり気持が楽になってる!
希望もだんだん湧いてきています。

もしも僕が岩波先生の無意識から治す技術と出会っていなかったら断末魔の生活をしていました。拾われた命、めげずに毎日生き抜いてやる!

最新記事

ガッツ向けメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

社会不安障害克服! 克服ブログ
社会不安障害克服のためのBlog。社会不安障害の苦労や克服方法。超越的な技術を持つ先生のもとで克服に向けて頑張ったあげく、なんと克服できました。希望と絶望・不安と期待、すべてが入っている心情吐露の場でしたが、克服に至った以上、僕の経験を伝えていきたと思っています。スゴ腕の超カリスマ岩波先生のプログラム紹介や取り組み、体験も書いていきます。人生は諦めてはダメです! 僕がいい例です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会不安障害に薬は効くのかな
精神科に行ってきました。

最近精神科に行くのが億劫になってきた。
前から何だけど、今は特にそう。

何の変化のないことを続けることに意味が見いだせない。
医者は同じことしか聞かないし、言わないし。
すっかり憂鬱。

毎日が憂鬱なことを言ったら、薬を増やしておきましょうと言われた。
どんな薬かかえってからネットで調べると、抗うつ剤だった。
量は少なかったけど。

抗うつ剤が出されたってことは、自分は鬱病だと判断されたのか……
抗うつ剤は抗不安剤よりも副作用が強いと聞いているから、ものすごく心配だな。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:薬・医者・病院等 - ジャンル:心と身体

しばらくひきこもり生活だった
ここしばらくひきこもり生活でした。
部屋にずっと引きこもって、ずっとゲームをやってしまった……

世間じゃ夏休みを満喫している人も多いのに、この落差、惨めさ……
ゲームは楽しいし、なかなかやめられない。
ずるずるゲームを続けてしまって、気がついたら朝日が差していた……

反省です。
バイトをするようになってやっと気持も上向くようになっていたのに、すごく頭が重いです。
気分が乗らないし、楽しくない。
だからゲームに逃げてしまう……

ああ、ダメ人間になっていく……
関連記事

テーマ:壊れそうな心 - ジャンル:心と身体

何かチャレンジする勇気を持とうかな
気持ちに張りがある時とひきこもり生活のように臆病で逃げまくっている時は、全然社会不安障害とか対人恐怖症の症状の重さが違う。
でも、その反動でくたくたに疲れてしまう。

だから、アルバイト行った次の日は、グロッキーになってます。
アルバイトの作業もだいぶ慣れてきて、効率的にできるようになってきた。
あんまり人と接触しないようにしているけれど……

やっぱり、一つの仕事をすると、社会不安障害じゃない人と比べて、疲労感の度合いが何倍も違うと思う。
精神が疲れ、神経をすり減らし、しかも肉体的な疲労も溜まってます。

それでも、何をしないよりはマシだし、ゲーム三昧の生活より絶対いい!
でも、疲れるんだよなー
そこがハンデだし、恨めしいところだな。

これでも一応勉強をしてきたほうだから、単純作業だけじゃなくて、もっと自分にあった仕事をしたいと思うけど……
今の自分はこれが精一杯なのかもしれない。
関連記事

テーマ:ポジティブでいこう! - ジャンル:心と身体

アルバイトやってきました。対人恐怖症のバイト日記
ドキドキしながら、初バイトに行ってきました。
バイト内容は、倉庫内作業です。
ものを片づけたり、あっちからこっちにものを動かしたり、掃除したり、荷物も積み上げたり、こんな感じの仕事でした。

黙々と作業をすればいいから、対人恐怖症の自分でも、あんまり人と接触せずに(指示があったり、簡単な方向ぐらい)できたので、よかったです。
最初は不安でしょうがなかったけど、やっぱり体を動かしてよかったです。
気持に一層のハリが出てきました。
そして、その場でお金をもらった時は嬉しかった!!

最初は対人恐怖症の症状を抑えるのに苦労したけど、作業を進めていくうちに、症状にひっぱられることはなくなってました。
気持ちに張りが出てくると、症状も緩和すると思った。
やっぱり、引きこもりで逃げてばっかりだと悪化するな~。
とりあえず、挑戦できたことが嬉しかったし、対人恐怖症でも何とかなると感じられたのが大きい。
関連記事

テーマ:心と体にいいことはじめよう! - ジャンル:心と身体

バイトの面接に行ってきました 無事採用!
バイトの面接に行ってきた。
もうドキドキで、面接官の顔をまともに見られなかったけれど、
後日、無事採用との連絡をもらいました。

こんな超短期の簡単なバイトで落とされたらどうしようとここ24時間ずっと怯えてました。
挙動不審だったから、落とされるかも。
そしたら、立ち直れないくらいショックを受けるとビクビク。

でも、なんとか採用されたようでよかった。
気分も上向きになっています。
やっぱり、何か行動をしておいた方が気持が鬱病に引っ張られなくてすむと思った。

気持ちに張りが出てきた。
たかがバイトに行くってだけなのに。

まあ、これから頑張ります。
症状はきついと思うけど、このまま引きこもりの方がやばいから。絶対に。
関連記事

テーマ:心と身体のケアを大切に! - ジャンル:心と身体

対人恐怖症でもできる仕事を探す アルバイト探しの日々
アルバイト仕事すらできないと、社会的に不適格人間になる恐れを持っています。
どこかで人慣れしなくちゃいけないし、引きこもって生活していても、薬を飲んでいても社会不安障害が解決できるわけじゃないし。
薬は僕の対人恐怖症に効果がないばかりか、最近薬が変わり、また眠気がすごい副作用に苦しんでます。
今まで三種類変わったけれど、恐怖感というか人への劣等感、自信の喪失がなくなるわけじゃないし、このままでいいのか悩んでいる最中。

それに、引きこもり生活をこうやって続けていると、鬱病になるかもしれない不安が襲ってきた。
鬱病になったら、ベッドから起きあがることすら難しいらしい。
それにくらべたら、まだまだ自分は動ける!
ただ億劫なだけだ。
だから、何か外に出てバイトをしようと考えています。

対人恐怖症でもできるバイトってないかなとずっと大学に入ってから考えていました。
超短期のバイトを仕事を選ばずとにかくやろうと決めました。
大学に行けば紹介してもらえるらしいし、バイト雑誌やインターネットでも超短期のバイトを色々調べています。
バイトは怖いけれど、このままのほうがやばい気がする。
実際、引きこもりを続けていたら、鬱病になるかもだし。

対人恐怖症がよくならなくてもいいから、これ以上の悪化だけは避けたい気持もあって、バイトを思い切ってすることに決めました。
このブログで、はじめて前向きなことを書いたのかもしれない!
関連記事

テーマ:適応障害 - ジャンル:心と身体



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。